ユニバーサルデザイン推進方針

現在、私たちの暮らす社会は、まさに多様化の時代を迎えています。
イセトーではユニバーサルデザイン行動方針を制定し、社員ひとりひとりの自覚を促し、日々の事業活動全般にわたる行動指標として活用します。

ユニバーサルデザイン理念

イセトーは、ユニバーサルデザインについて学び、その普及を推進し、改善にむけた活動をおこないます。
年齢、性別、国籍などのさまざまな違いに関わらず、より多くの人が生活しやすい社会、豊かなくらしの実現を目指します。

ユニバーサルデザイン宣言

イセトーは、人から人へ情報を伝える情報処理サービス事業を中心に、お取引先にとっても、お取引先のお客様にとってもより良い効果をもたらすサービス提供のため、常に社会的な価値を創造する企業として活動していきます。

各種申込書や請求書など、お客様の生命や財産にかかわる重要な情報を取り扱う企業として、社内外を問わずイセトーの事業活動全般にわたり、より多くの人が利用しやすい・わかりやすい環境を目指し活動することで社会の一員として求められる責務を果たします。

ユニバーサルデザイン行動指針

  1. ユニバーサルデザインについての理解を深め、従業員に対するユニバーサルデザインについての教育を進めます。
  2. 紙媒体・電子媒体等メディアの目的と使用用途、ニーズに応じて、利用者にとってわかりやすいものとなるように、ユニバーサルデザインに配慮した設計で製品やサービスの開発をおこないます。
  3. イセトーの保有する施設・設備が、従業員や来訪客にとって安全であり、より多くの人に公平に利用可能な環境、および、運用となるように改善活動に努めます。
  4. 本方針は全従業員に周知すると共に社外へ公開し、内容は必要に応じて、見直しをおこないます。

2014年7月1日 制定
2018年2月1日 改定
株式会社イセトー
代表取締役社長  小谷 敬二