鞍馬の火祭

鞍馬の火祭(由岐神社)10/22

平安時代中期に起った戦乱や天変地異を鎮めるため、朱雀天皇が御所に祀っていた由岐明神を鞍馬に遷宮しました。遷宮の際、道神道具、松明を持った行列は約1kmに及んだといいます。これに感激した鞍馬の住民が由岐明神の霊験と儀式を後生に伝え守ってきたのが火祭の起源です。

プライバシーマーク


株式会社イセトーはプライバシーマーク認定を受けています

  • HOME

このページの先頭へ